原料費調整制度

原料費調整制度のご案内

原料費調整制度とは

「原料費調整制度」は、為替レートや原油価格の変動により、3ヶ月の移動平均原料価格が新料金認可時の基準平均原料価格を上回り又は下回る場合に、その変動幅に応じて基準単位料金(税抜)を毎月調整する制度です。

基準単位料金(税抜)の調整方法

  1. 基準となる平均原料価格を80,300円(トンあたり)といたします。
  2. 実績の平均原料価格と基準平均原料価格の差額に対してその変動幅100円につき、基準単位料金(税抜)を0.089円(45MJ(10,750kcal)1m3あたり)調整いたします。この調整後の調整単位料金を適用して料金を算定いたします。
  3. 実績の平均原料価格が128,480円(基準平均原料価格の160%)をこえた場合は、実績平均原料価格は128,480円として、(2)により基準単位料金(税抜)を調整いたします。

平均原料価格

下記に定められた各3ヶ月間における貿易統計の数量および価額から算定したトン当たりLNG平均価格(算定結果の10円未満の端数を四捨五入し10円単位といたします。)およびLPG平均価格(算定結果の10円未満の端数を四捨五入し10円単位といたします。)をもとに次の算式で算定し、算定結果の10円未満の端数を四捨五入した金額といたします。

平均原料価格 = トン当たりLNG平均価格 × 0.8754 + トン当たりLPG平均価格 × 0.1339

調整単位料金の適用期間

平均原料価格算定対象月 料金の適用期間
前年8月~10月 1月
前年9月~11月 2月
前年10月~12月 3月
前年11月~当年1月 4月
前年12月~当年2月 5月
当年1月~3月 6月
当年2月~4月 7月
当年3月~5月 8月
当年4月~6月 9月
当年5月~7月 10月
当年6月~8月 11月
当年7月~9月 12月

算定方法

平均原料価格が基準平均原料価格以上のとき

  1. 原料価格変動額の算定
    原料価格変動額 = 平均原料価格 - 基準平均原料価格
  2. 調整単位料金の算定(1立方メートル当たり)
    調整単位料金 = 基準単位料金(税抜) + 0.089円 × 原料価格変動額 / 100円

平均原料価格が基準平均原料価格未満のとき

  1. 原料価格変動額の算定
    原料価格変動額 = 基準平均原料価格 - 平均原料価格
  2. 調整単位料金の算定(1立方メートル当たり)
    調整単位料金 = 基準単位料金(税抜) - 0.089円 × 原料価格変動額 / 100円

 

  • 日本ガス協会
  • ウィズガスCLUB
  • 「ガスと暮らしの安心」運動
  • エコジョーズ化宣言
  • 全国親子クッキングコンテスト